育毛剤といえば、髪を育てる。つまり死んできた髪の毛に栄養を与えて
伸ばすというものですが、実際に効果のある人はいるのでしょうか?

毎年多くの育毛剤が販売されていますが、その中で効果があるという育毛剤は
ほとんど現れていません。むしろ育毛剤にはメリットどころかデメリットが存在しているのです。

では育毛剤のデメリットとはどんなものなのでしょうか。
いくつか育毛剤の及ぼす髪の毛への影響をご紹介しましょう。

【育毛剤の意味を理解しておく】

育毛剤は、髪の毛が生えてくるものだと思ってはいませんか?
実際は、育毛剤というのは育てる毛なので、発毛を手助けするものなのです。
つまり、死んでいる毛穴に育毛剤を与えても効果がないのは当たり前なのです。
仮説ですが、もともと髪の毛は死んでいる細胞だとも呼ばれています。しかし、
ケアしだいでツヤツヤになるため。ノンシリコンシャンプーの普及も増えてきたのです。

【自分に合わないと思ったらすぐにやめておこう】

育毛剤もスキンケアと一緒で頭皮に直接つけるものが多いです。
そのため、育毛剤には強い成分が入っているものがあります。
いくら髪の毛を生やしたい。育毛したいと思っても、自分に合わないものを使っても
意味もないですし、頭皮が傷みます。自分に合ったものを選びましょう。